ドン・ムアン空港のニセ出迎え

提供 ジャアク商会
藤井伸二+ブライアン


 入国審査をすませロビーに出ると、現地代理店のタイ人が出迎えに来ている。
 男は “Mr.××” と、自分の名前が書かれた紙を持って立っている。
 だれかが迎えに来るという段取りになっているので、彼は疑いもなく男のあとについていく。
 しかし、この男はニセの出迎え人なのだ。

 タクシーに乗ると男が切り出す。

「予定していたホテルは満室で泊まれないから、今夜は別のホテルに泊まる。そのことは、もう日本に連絡してある」

 ホテルに行って荷物を下ろすと、男はすぐに具体的な話を始める。

「疲れているだろうからマッサージに行きましょう。さ、すぐ準備して」

 その前に豪華な食事をする場合もあるが、結局はマッサージに行くことになる(出費はすべて日本人が持つ)。
 で、男の言いなりになって行くと、そこはマッサージ・パーラーという名のソープランド。

「タイは女が安いから、さあさあ、遠慮せずにどうぞ」

 これもなにかの接待かと思い、日本人は女と遊んでしまう。ついでに案内男の遊び代まで払ってしまうお人よし。
 遊びがすむと男は、

「じゃ、明日またお迎えに来ますので」

 しかし翌日、いくら待ってもだれも来ない。そのころ日本では彼の消息がわからなくなって大騒ぎ……。

 これは初めてタイに赴くビジネスマンがやられる詐欺の手口だ。

 最近は空港で登録した人以外、この 「名前を書かれた紙」 を出せなくなったため、事件はほとんど起こっていないらしいが、それでも、あるいは別の手でカモるやつがいるかもしれない。気をつけよう。


ブラ これは、もうなくなったんじゃないのか?

藤井 そういう話もあるけど、どうだかね。このあいだ石井建設の社長を迎えに行ったときも、変なヤツは大勢いたぜ。

ブラ ホテルに着くなりソープに行くっていう感覚がすごいけど、連れて行かれるほうは不審に思わないのか。

藤井 それが接待だと思ってるんじゃないの? でも、金を払うのは自分だから、接待のはずはないんだけどね。

ブラ それで仕事になるんだったらいいんじゃないか。

藤井 まあ、この手口に引っかかった人で死んだ人はいないし、簡単に言えば、軽くだまされただけなんだよね。本社に叱られながらも、本人は、「いいガイドだった」 って思ってたりするんじゃないか。そういう人も、けっこういると思うんだよ、俺は。

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

価格 1,000円……ですが
すでに新刊の在庫なし
とごかで目にしたら
その場でゲットしておきましょう

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を

スーパーおすすめサイト