タイでの旅行トラブル集

日本人の、日本人による、
日本人からの寸借詐欺未遂

報告:バンコク市内の日本料理店経営者

提供 ジャアク商会
藤井伸二+ブライアン

 ソンクラーンの前日にシーラチャあたりで魚関係の仕事をしているという初老の日本人の男(以前から時々食事に来ている人)が私を訪ねてきました。

 常宿にしている某安宿でお金を盗まれて困っているとのことだったので(タイに住んでいるのにATMすら持っていない!)、ちょっと様子が変だなとは思ったんですが、日本から息子も来るし、16日には必ず返すと言うので一筆だけ書いてもらって3,000バーツ貸してあげました。

 ところが、いつまでたっても現れない。
 いざという時の連絡用にと店の名刺までもらっていったのにおかしいな、やられたかなと思っていた矢先、××通りの近くの道でばったりそいつに会ったんです。

 そうしたらそのオヤジ、一瞬ギョッとした顔をしたけどすぐにニコニコしながら、
「先日はどうも、そこに泊まってますから、今度持ってきますよ」
 なんてとぼけるんです。私もこの野郎!とカッとなり、
「あなたのことを信用して貸してあげたんですよ。パッカーのガキじゃあるまいし、いい年してなにやってんだよ。今すぐ返せ!」
 と、その場で3,000バーツ取り立てました(笑)。

 オヤジは悔しそうな顔してたけど、財布には最低でも5,000バーツは入っていましたね。オヤジは、
「今ちょっと都合が悪いから、とりあえず2,000バーツにしてください。残りは後で払いに行きます」
 と、せこい悪あがきをしようとしたけど、
「もうあんたは信用できない。今すぐ全部払え!」
 と取り立てました。

 まったくいい年して、たった3,000バーツを踏み倒すつもりだったんですかね。
 そういう人は、きっと今までもあちこちでおんなじことをやってきてたんですかね。
 貸したお金は返ってきたけど、私も切れて道の真ん中でオヤジを怒鳴りつけたりして、後々まで気分が悪かったです。


藤井 往来でとっつかまえて、とりあえずその場で返させたってのがまず偉い。すごいぞMR. ××(とりあえず伏せ字)! 格闘技をやっている対馬の奥野支局長は常々、
「MR. ××はものすごく強いかまったく弱いかのどちらかしかないと思いますよ」
 なんて言ってるんだが、実はものすごく強いと見た。腕も意外と太いんだよね、実は。

ブラ ただの日本料理屋のオーナーだと思ってる人が多いけど、実はバックパッカーあがりだから、この手のいいかげんなやつらの腹の内はよく知ってるんだよ。

藤井 「いい年して、たった3,000バーツを踏み倒すつもりだったんですかね」と彼は言ってるけど、間違いない、踏み倒すつもりだったよ。あるいは貸した相手が弱気になって取り立てないと踏んでたか。

ブラ 「シーラチャあたりで魚関係の仕事をしている」って、なんだ? 漁師か?

藤井 いや、運び屋だろうね。実はこの仕事、日本から持ってきた財産を全部遊びか事業の失敗でなくしてしまったような人がやる商売でね。もちろんまじめにやってる人もいるけど、とりあえず現金を得られるってんで、本当の意味で「とりあえず」やってる人が多くいるらしいんだ。そんな話はよく聞くよ。なぜだか知らないんだけど、たしかに金に困ってる人は多いようだ。現金商売だから、しかたのない話かもしれないけど。

ブラ 日本料理の食材の運び屋って、すごく大勢いるよね。

藤井 日本料理屋だけでバンコク市内に500軒だからね。仕事は成り立つと思うよ。そう言えばベトナムで事業をやってる俺の上司のI食品工業(仮称)のI会長(仮名)だけど、彼がカラオケクラブを経営したときの初代店長が同じ魚の運び屋あがりだった。事業でコケて運び屋やってるところをスカウトして店長にしたんだが、勤務してすぐ辞めちまった。しかも、店の女に手を出したりしてね(苦笑)。見るからに責任のある仕事なんてできない感じだったんだが、そのままだった。

ブラ I会長も、よくそんな人間を雇う気になったな。

藤井 それはだな、まずこいつがI会長に「魚を仕入れる金がないから貸してくれ」と言ってきたことから始まったんだ。で、貸したけど返しに来ない。だからI会長が首根っこつかまえて、「返せないなら体で返せ」ってことで店長にさせたわけ。

ブラ いくつくらいの人?

藤井 40歳は軽く越えてるような人。俺も「このトシでこれか……」なんて思ったもん。

ブラ このMR. ××をだまそうと考えたオヤジも初老って書いてあるけど、初老でこれじゃ、未来なんてないな。

藤井 でも、それがバンコクなんだよ。いっぱいいるぜ。実現しない夢の話と、ねたみと、他人の悪口しか言えないヤツ。

ブラ 多いな、実際。

藤井 成功した人間をねたむのはいいけど、その前に努力してみろっての。1日10バーツずつでもいいから貯金したらどうかと思うね。でも、この手の人間は、そうしたわずか努力もできないっていうか、しないヤツばかりだ。鏡の前に立っても自分の姿が見えない人たちばかりだよ。

ブラ 信用しないほうがいいってことかな。

藤井 実際、スッテンテンってわけじゃないんだよね、こいつらは。MR. ××も書いてるけど、他人から金を借りといて、返そうともしないくせに、財布には5,000バーツくらい入ってるわけだ。金がないんじゃなくて、要するに遊ぶ金がないだけなんだよ。同情の余地なんてない。

ブラ そういうゴロツキのオヤジって、ま、たしかに日本にもいるわ。

藤井 昔は、そういうのはフィリピンにいたんだけど、最近はタイってわけだろうな。

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

全国の書店で 発売中

価格 1,000円
あおば出版

 

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を

スーパーおすすめサイト