タイでの旅行トラブル集

日本人て甘いですね

ブラックジャックの誘い

報告:T様

 

 それはタイに仕事で行ったときのこと。2007年11月26日の日曜日に休日を利用してウイークエンドマーケットに行って一人でぶらぶらしていました。

 するとフィリピンのセブ島から来たという40くらいの男の人に英語で声をかけられて話をしてしまいました。彼の名前はアランと言っていました。
 そして彼の妹が横浜に働きに行くと言うので妹にアドバイスしてほしいと言うので会うことにしたのです。ちなみに私は横浜出身で、知人がもうじきセブ島に移住する時で奇妙に符合していたのでつい話に乗ってしまいました。

 その後、彼はタクシーを拾い、ちょっとためらったのですが 乗ってしまいました。
 ところがタクシーの中で彼は運転手にタイ語で話をしているのです。

 これは怪しい、と思い緊張してしまいました。

 そうこうするうちに一軒のきれいな家に着いて家に入ってしまいました。
 本当はこの時にタクシーにまた乗り込んで行ってしまうべきだったのでしょうが、まだ彼を信じようという気持ちがあったのです。

 日本人て甘いですねー。われながらいやになります。

 家に入ると食事を出され、お茶を出され、そのたびに睡眠薬でも入っているのではないかと彼が食べるのを確認してから口をつけるようにしていました。

 そのうちに彼の弟という人が現れブラックジャックをしようと誘ってきました。
 クレジットカードの話とかが出た時にはホテルに預けてあるとか言って、けっしてあるそぶりも見せないようにしました。

 ほんとは大金もカードも持っていたのですが。
 カード遊びも嫌いだと言って頑として動かなかったのを見て彼らもあきらめてタクシーを呼んでくれて開放されたのです。

 危なかったー。

 彼は私のことを中国系のタイ人だと思ったと言っていました。
 中国人は賭け事好きですからねー。
 それで声をかけられたんですねー。

(2007.09)


「中国系のタイ人だと思った」というのも嘘で、日本人だから狙ったのでしょう。

 彼らはタイ人は狙いません。タイ人を狙うとタイの警察が本気になってしまうからです。

 彼らは計画的に外国人/日本人を狙っています。ターゲットにならないように注意しましょう。

(ジャアク商会 フジイ)

 

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

全国の書店で 発売中

価格 1,000円
あおば出版

 

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を

スーパーおすすめサイト