タイでの旅行トラブル集 宿泊施設でのトラブル

マイペンライではすまされない

ダニや泥棒がひそんでいる
地方の旅社に要注意

情報提供者:アジア大魔王様

提供 ジャアク商会

 タイ・東北地方のシーサケット・ホテル。久々の×××××、5ペケホテルだった。ま、ホテルといっても100バーツの旅社だ。なに、そんな安宿に泊まって文句いってんじゃねー!と?

 ごもっとも、しかし今回は事情がちと違う。もちろん、100バーツの安宿だからぼろかったり、おねえちゃんの愛想がないくらいは気にしない。部屋にゴキ君がでったって、まー我慢だ。

 しかしである、ダニがいたのはやはり困る、これは値段の安さじゃない。
 これは文句を言って殺虫剤をまかせ、シーツと枕カバーを交換させた。おかまのボーイがふてくされながらやってくれた。

 問題は防犯だ。

 部屋の鍵がでかかったので、朝フロントに鍵を預けて外出した。もちろん安宿の部屋に貴重品は置かないが、バックや日用品は置いてある。
 帰ってフロントで鍵をもらおうとすると……。

「マイミー(ない)」

「え、なんで?」

「マイルー(わからない)」

「探してよ」

「マイペンライ(大丈夫)。マスターキイがあるからこれで開く」

「え、それじゃ外出できないじゃない。とりあえず部屋に行くけど探してよ」

 部屋に行ってみると、なんと鍵が開いてるではないか! そして2重鍵のところにかけておいた私のチェーンが捻じ曲げれて、隙間から侵入しようとした形跡がある。

「開いてるよ! 誰かが入ろうとしてる。誰かが鍵を持ってるんだよ」

「いや、そんなことはない」

「じゃ、なんで鍵が開いてるんだ」

「知らない」

 それからは、
「知らない」
「わからない」
「問題ない」
 の繰り返し。レベル的に稚拙すぎて話にならない。昨日のチェックイン時も鍵を渡されて行ってみると、そこにはすでに他の若いタイ人グループが。まったく部屋の管理ができていない。自前の南京錠用の鍵穴のへりが広くて南京錠が使えなかったが、チェーン鍵をかけていてよかった。安宿で個室に泊まる時は自前の鍵もかける。貧乏旅行の必需品だ。

 次の日に100バーツ払ってくれといってきたが

「マネージャーと話してからね、マネージャーは?」(前日にも呼んだが忙しいと言って来なかった)

「いない」

「じゃー、さよなら」

「え、ちょっと待って」

 だるそうに出てくるマネージャー!
 経過を話す。

「問題ない」

 まったく聞く耳も持たない。

「わかった、100バーツ払いたくない。これでね。」

 こういうときに50バーツとかない。しゃーない、1ドル札を握らせる。でぶのおばちゃんマネージャーは一瞬、ムっとしたがシッシと追い払う手つきをした。くそったれだぜ!! でも、いいなりに金を払わなくてスッキリだ。今夜はこれでビアチャンではなく久々のビアシンで乾杯だぜ!と踵を返して駅へ向った。

*なぜ、ここに泊まったかというと、シーサケットは極端な宿不足だからだ。街いちばんのホテルも閉鎖されてしまっていた。どこもいっぱいか高いので、しようがなくここに。
 しかし、こんな宿でもほば満室。正月ということもあるのだけど。

 ブリラム、スリン、シーサケットは、タイで最も貧しい地域だ。タイの地方で安宿に泊る時は注意が必要だ。

(2008.08)


このトラブルに対しての心得

1.安旅社、安ゲストハウス、安バンガローの寝具にはダニ、南京虫、ツツガムシが生息していることがある。2008年にはタイ国鉄の寝台車でも大量発生し、長期間運休させて駆除するハメになったりもしている。

2.南京錠は必需品。かけられる状況であれば必ずかける。

3.ドアでもバックでも、持っている鍵はすべてかけて外出する。

4.安旅社、安ゲストハウス、安バンガローで盗難事件が発生しても、すべては泊まった人間の落ち度であり責任になる。


アジア大魔王様、ありがとうございました。

 

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

価格 1,000円……ですが
すでに新刊の在庫なし
とごかで目にしたら
その場でゲットしておきましょう

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を

スーパーおすすめサイト