タイ旅行トラブル集

はじめのご注意

提供 ジャアク商会
藤井伸二+ブライアン

 

 旅先でのトラブルは困りもの。それを求めているならいいけれど、いらないと言ってるんだから寄るなバカモノ!

 というわけで、ここにタイで起こりがちな犯罪・事故系のトラブルを書き出してみました。
 どこかで読んだ気がするなんて言わないで、初心に戻り、もういちど身のまわりの安全対策を練り直してみましょう。



トラブルについて

 敬虔な仏教徒が国民の大半を占めるタイ王国。男子ならば一生のうちに一度は仏門に入って修行をし、その他の人々も懸命に徳を積んで来世の幸せを願っている。
 こんな国なら治安の悪い諸外国よりずっと安全に旅をすることができるだろう……なーんて本当は書きたいところだが、とてもそんな気楽なことばかり言っていられない国がタイなのだ。

 一見平穏無事なように見えても、水面下はまるで穏やかではない。統計で証明すると、バンコク市では平均して1日に殺人・強盗事件が各1件、窃盗・引ったくりが各2件、集団強盗は2日に1件、暴行は1日に10件以上発生している。
 さすが世界を代表する大都市だけのことはある数字と感心していられるのも最初だけ。これらの事件に外国人旅行者が巻き込まれないという可能性はないし、そうなったら笑ってなんていられない。

 しかし、用心と注意を怠っていなければ、これらの危険の大半は回避できるのだ。錯乱したヤク中による発作的な犯行に巻き込まれた場合などはしかたがないが、外国人がからむ犯罪事件の場合、そこには必ず被害者側になんらかの油断・放漫がある。

 タイに行くから、東南アジアに行くからといって、常に緊張している必要はありません。そこで試されるのは、これまでのみなさんの人生経験です。人を見る目のなさ、他人に依存しきった生活、旅の恥はかき捨てと考えるモラルの欠如、アジア蔑視などが絡みあって、悪人に付け入られるスキができるのです。

 実際のところ、外国人被害者の大半は被害に遭って当然の行為の果てに被害を受けています。
 だれかがどこかで常に面倒を見てくれる甘い日本ならいざ知らず、ここは生活の厳しさで知られている国なのだから、生存能力のない人間は淘汰されてしかるべきなのだ!!




最初に心得ておきたいこと

 旅の途中で死んだ人間は、なにも話さないってこと。自慢話をするのは生きている人間だけ。
 他人の自慢話や成功譚にそそのかされて危険地帯に出向いて死んでも、反省も後悔の念も口にはできない。
 旅の思い出や情報は、生きている人間が語った話。本当に知りたい情報を持っている人は話はあの世に行って聞くしかない。

(ジャアク商会代表 藤井伸二)




特別寄稿@
若者たちよ、自分の身は自分で守れ!

 外国に行っても 「なんとかなるさ」 が最近の旅行者に共通した意識のようだが、現実はそう甘くない! 泣いても笑ってもすまない事例は多いし、悪人たちはそうした 「困ったことがあってもだれかが助けてくれる」 と思っているあなたの心のスキをついてくるのだ。
 海外に出たら自分の身は自分で守るのが鉄則。逆に言えば、自分を守れない人は海外に出るべきではないのである。
 厳しいようだが、甘く考えすぎる日本人が多いだけに、この常識は絶対に忘れないでいてほしい。

(元日本大使館領事部 法人保護担当 青いヘルメットが似合うM氏)




特別寄稿A
甘い日本人はみんな死ね!

 甘い日本人はみんな死ね! 死ね死ねアジアで死んじまえ!

(死ね死ね団 団長 ミスターK)




特別寄稿B
俺は疲れた

 最近の日本人は救いようがない。自分たちでなんとかしてくれ。俺は寝るから5時間後に起こしてほしい。

(下町の黒ヒョウ 大和タケシ)

 

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

価格 1,000円……ですが
すでに新刊の在庫なし
とごかで目にしたら
その場でゲットしておきましょう

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます 



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を