タイでの旅行トラブル集

エイズ問題2

この発表をどう見るか?

提供 ジャアク商会
藤井伸二+ブライアン

 

 2000年1月7日発売のタイ語日刊新聞 「カーオソット」 によると、タイ国厚生省伝染病管理局局長は、5日、政府官邸で行われた国家エイズ問題対策委員会会議のあと会見し、タイ国内でのエイズ感染の現状について発表した。

 その発表によれば、

「タイ国内のHIV感染者数は約100万人、エイズ発病者数は約15万人」

 であるらしい。 

 そのうち、麻薬中毒者のHIV感染率は 51.14% だとか。


ブラ 麻薬中毒者のHIV感染率が 51.14%っていうのはいいが、だったら残りの49%は誰なんだって思うんだがね。

藤井 俺は、「ホントかねえ 」と、まず思ったよ。

ブラ タイの人口が6000万人としようか。本当はもっといるかもしれないが、そこから計算すると、タイ国民の60人に1人がHIV感染者ってことになるよ。

藤井 俺は100人に1人くらいじゃないかと、腹の中で計算してたんだがね。

ブラ エイズが原因で4万人ほど亡くなったっていう発表も同時にしているようだ。

藤井 それは少ないと思ったな。1年で10万人くらい倒れたような気が、俺はしていた。

ブラ これ、信頼できる数字かな?

藤井 できるんじゃないか? というのは、タイは観光産業で成り立ってる国ってことを、みんな自覚してるわけじゃないか。「アメイジング・タイランド」 なんてキャンペーンをやらざるをえなかったくらいでさ。そんな国が、ダメージを及ぼすようなこんな数字を発表するかね。しかも、こいつは政府発表だぜ。なんたって国家エイズ問題対策委員会の会長はチュアン首相なんだから。

ブラ ということは、これでも遠慮してる数字だったりして。

藤井 ありうるねえ(笑)。俺の知り合いのKさんは、この問題を集中的に調べてるんだが、「笑うしかない状況」って言ってたくらいでね。この人が笑うんなら、そりゃよほど深刻だって思った次第。

ブラ 変な納得のしかたをするなあ(苦笑)。

藤井 でもさ、こういう状況を理解してないやつらって多いんだな。この間もさ、タイの性風俗をネタにしたガイドブックを出すっていうオヤジがいてさ、話を聞いたんだけど、バカだったね。

ブラ ほう。

藤井 そいつはさ、「タイのエイズ問題はたいしたことない」って言い張るわけ。「ああいうのは、どこかの婦人団体がおおげさに言ってるだけだ」って言うんだな。
ブラ ほう(苦笑)。

藤井 で、俺がさ、「じゃあ、なんでこんなに死人が出てるんですか?」って言ったら、「君はその死人を見たのか?」って詰め寄るんだ、このバカは。

ブラ 見たわな(苦笑)。

藤井 死に顔まで見たぜ(苦笑)。だもんで、「あれ見たら、そんな呑気なことは言えない」って言ってやったんだが、ものすごく不服そうでさ。最後には、「タイにエイズが多いって、いったいだれがそんなことを言ってるんだ!」って怒り出すから驚いたよ。

ブラ そんなヤツが、「タイの性風俗をネタにしたガイドブックを出す」? すごい話だな。殺人ほう助にならないのか?(苦笑)

藤井 しかも、「ちゃんと調べて言わないとだめだよ。本に書いてあることを信じちゃだめだよ」 なんて言うわけ。オマエハソノホンヲダスノヲシゴトニシテイルンダロウ! よくそんなこと言えるよな。

ブラ いざとなったら、それを言い訳にするんだな。「本に書いてあることを信用するのか、キミタチは?」 なんて(笑)。

藤井 無知がHIVを広めた。そんな現実にすら気づいてないんだから、あきれるよ。


このトラブルに対しての心得

1.エイズはブームでは終わらない

2.騒ぎがないからといって制圧されたわけではない

3.今もかなりの人間がエイズを発症して死んでいる

4.金がないので死ぬまで体を売るHIV娼婦は現実にいる


 

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

価格 1,000円……ですが
すでに新刊の在庫なし
とごかで目にしたら
その場でゲットしておきましょう

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を

スーパーおすすめサイト