タイでの旅行トラブル集37

南部サムイ島帰りの
夜行バスは盗難天国 1

提供 ジャアク商会
藤井伸二+ブライアン

 日本大使館領事部邦人保護課をずっと悩ませているのが長距離夜行バスの中で貴重品を盗まれた旅行者への対応だ。

 手口は単純な窃盗で、夜間、車内でぐっすり眠っている間に犯行が起こる。
 ほとんどの事件は南部のビーチリゾート帰りのバス車内で発生するが、みんな遊び疲れて眠りが深く、そうでない場合も睡眠薬を盛られているので、まず目を覚まさない。

 そしてバンコクに到着し、バスから降りて宿まで行き、さてチェックインという段階になってパスポートがないことに気づく。それであわててチェックしてみると現金はなくなっているし、カメラもない。昨日まではあったのに、出発する前にみんなで記念写真を撮ったのに……と思うと、犯行現場は車内としか考えられない。

 しかしウエストバッグに入れていたし、そこには鍵をかけていたし、財布は尻のポケットに入れて体重を乗せていたし……。
 ともかく、そのバスに乗ったら最後、どんなことをしても盗んでしまうのだ。

 対策としては、

1.眠らない
2.配られる飲食物には手をつけない
3.最後尾に座らない
4.貴重品は持たない
5.そんなバスに乗らない

 などがあるが、だったら最初から行かないほうがよいのでは?とも思えてしまう。



ブラ これは何年も前からあるよね。まだあるのか?

藤井 今年も引き続いて被害報告の上位にあるらしいよ。ほぼ毎日発生してるって。

ブラ どこの誰がやってるって、わかってるんだろ? 被害の9割以上はサムイ発バンコク行きの私営バスで発生するって、みんな知ってるわけじゃない? なんで捕まえられないのかな。

藤井 俺が聞いてる話じゃ、マフィア経営だという話だね。

ブラ 堂々としているわけだ、「乗るほうが悪い」と(笑)。

藤井 そうだろうな。だってさ、そいつら、ものすごく金回りがいいもん。カメラとかラジカセとか、みんなものすごい物持ち。この間も関係者が最新型ウオークマン持って歩いてた(笑)。

ブラ そこまでわかってるのに、どうして……やっぱりタイか(笑)。

藤井 乗らないのが一番なんだが、なぜみんな乗るのか? 値段の安さに釣られてるんだろうが、公営バスを使えばいいんだよ。利用しなければいいだけの話なんだから。

ブラ しかし、この『対策1』の、「眠らない」ってのはどうかな? だったら夜行バスの意味がないと思うんだが(笑)。

藤井 眠りたくなくても眠らせてくれるしね。睡眠薬をガスにしてエアコンから出してるんじゃないかって言ってた被害者もいたから。その人は、なにも口にしなかったけど、やっぱり熟睡して鍵付きのウエストバックから全財産盗まれていた。

ブラ 飲み物だけじゃないのか?

藤井 キャンディやお菓子、紙パック式ドリンクからも睡眠薬らしきものが検出されてるんだよねえ。

ブラ 『対策4』の、「最後尾には座らない」ってのは?

藤井 日本人旅行者を積極的に最後尾に座らせて、大胆に盗んでいるのでは?と言ってた人がいる。白人旅行者が座ろうとしたら、無理矢理追いやって日本人ばかりを座らせて、そこに座った全員が被害に遭ったって。

ブラ 日本人は被害に遭っても騒がないのか、気づくのが遅いのか。

藤井 この場合、俺は『対策5』の「乗らない」しかないと思うんだが……。


このトラブルに対しての心得

1.安すぎるチケットには裏があると思うこと。

2.格安旅行をする際は労力を惜しむな。

3.安全は金で買え。


 

投稿ありがとうございました。

 

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

全国の書店で 発売中

価格 1,000円
あおば出版

 

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を

スーパーおすすめサイト