タイでの旅行トラブル集

人づてに聞いたレポート

わたしが住んでる
スクムビットの殺人マンション

提供 バンコク在住 Aさん

 

 わたしが住んでいるスクムビット通りのアパートで殺人事件があったらしい……こわっ!
 30部屋ちょっとの小さなアパートなのに。
 小心者のわたしなので直接事件の詳細を聞けませんでしたが、同フロアーに日本人の友達がいて、彼女からの情報を入手しました。


 2007年2月26日(日)〜27日(月)、スクムビットの静かなソイにある小さなアパートで、住人の若いタイ人男性がナタ(?)で殴り殺されるという悲惨な事件がありました。
 事件のあったアパートは7階建てで住居は2〜7階、全30室程の1人・2人暮らし用の部屋タイプ。
 1階にはアパートの管理オフィス、ロビーエリア、エレベーター内に防犯モニターもある。
 アパートのロビーへも専用のカードキーでしか入れないし、警備員以外にアパート住み込みのアパートスタッフもいる……ので、セキュリティーにはかなりの安心があった、そんなアパートでの強盗殺人?????

 強盗は見せかけか?
 被害者は2階(?)にタイ人男性2人で住んでいたうちの1人。別の部屋にはファラン(西洋人)のおじいちゃんのゲイ(……でしょうね)友達もいて、今回の第一発見者はこのファラン。
 いつも3人で連れ立って仲良くしている姿をわたしの友人は見かけたことがあるらしい。

 事件発覚前日の夜、被害者はアパートの警備員が見かけたことのないタイ男性を伴って帰宅。
 もう1人の住人はこの日帰宅せず。そして前夜同伴した容疑者と思われるタイ人男性は1人でアパートを去る(この男性は、スクムビット通りソイ22の住人であることまではつきとめているらしい)。

 事件後、アパートロビーの出入り口に警備員の机を横付け配置し、住人等の出入りを夜でも2人以上でチェックしています(たまに4人くらいでいることがあって、酔っ払って帰ってくると、ちょっとびっくり) 。

 また、アパートの住人にはセキュリティーの強化のお知らせ連絡レターが届けられました。

 以上、人づてに聞いたレポートでした。

(2007.03)

 

Aさん、ご投稿ありがとうございました。

被害者が犯人を招き入れていたとしたら、
いくらセキュリティを強化しても無意味ですね。

 

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

価格 1,000円……ですが
すでに新刊の在庫なし
とごかで目にしたら
その場でゲットしておきましょう

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を

スーパーおすすめサイト