タイでの旅行トラブル集25

スクムビット通りのオカマスリ

 

報告

バンコクにはよく来る
白ヤギさん&黒ヤギさん

 

 夜の11時過ぎにスクムビット通りのアソーク付近をソイ・カウボーイからテーメーカフェに向かって歩いていました。

 アソーク交差点を渡りテーメー側BTSアソーク駅下付近まで来たところ、身長150cmくらいの売春婦っぽいのが、タイ語でなにやらつぶやきながら、左腕に絡んできました。

 よく見るときれいに化粧してますが、オカマっぽいので無視していました。左の腕にからんで、胸を腕に押し付けて(というかこすりつけるような感じ)きました。

 エロオヤジでしたら鼻の下を伸ばしてデレデレしてしまうところなのでしょうが、まだ酔いも浅く冷静さのかけらも残っていたのと、スクムビット通り周辺の売春婦はこのように腕にからんでくることはほとんどなかったので、脳内アンテナが危険信号を出していました。

 同行していた黒ヤギは右前方2〜3歩前を歩いています。
 そのとき、ズボンの左ポケットに怪しい感触がありました。そのポケットには財布が入っています。
 その瞬間わずかに残っていた冷静さは吹き飛び、プチッとキレて思いっきりの日本語で、

「てめぇ〜この野郎! なにしてんだ〜〜! ぶっ殺すぞ〜〜!」

 と叫んでいました。

 スッと離れたオカマにさらに怒鳴ろうと思いましたが、黒ヤギはどうしたかと見ると、なにか腰が引けている様子!??
 ふと1〜2歩後退したオカマのほうを見ると、なんと身長2m近いアラビックな服を着た3人のおっさんが目の前に立っていました。黒ヤギはその目つきの鋭いおっさん達に突然宣戦布告をしたものと勘違いしていたのでした。
 オカマが小さかったので、黒ヤギの方からは完全にブラインドになっていて私とそのアラビック3人しか視界に入らなかったようです。

 オカマに対してさらに罵声を浴びせましたが、深追いは禁物と思い、またテーメーに向かって歩き出しました。その半ズボンは当日の夕方にラチャダのカルフールで199Bで購入したばかりの立派な安物で生地もペラペラでした。そのペラペラさが幸いして、そっと入れられた手の感触を感じ取ることができたのです。
 オカマの集団スリの話は聞いていたのですが、まさか単独攻撃してくるとは……

 翌日も同じ場所にいたらぶっ飛ばしてやろうか思って何度か通ってみたのですが、見当たりませんでした。

 そのオカマはカルチャークラブのボーイ・ジョージをちっちゃくしたような感じだったと思います。
 アソーク近辺を歩かれる方はご注意を!!

(2007.01)


このトラブルに対しての心得

1.深夜のスクムビット通り、とくにソイ11から15(向かい側ならソイ6から10)のあたりはこの手のオカマスリ団の活躍の場となっている

2.財布や貴重品はポケットに入れておかない。

3.オカマは腕力がある。


 

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

全国の書店で 発売中

価格 1,000円
あおば出版

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます

  



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を

スーパーおすすめサイト