タイでの旅行トラブル集14

トランプカード詐欺師の
一般的な手口

提供 ジャアク商会
藤井伸二+ブライアン

情報提供 タイ旅行者V様

 

 2005年1月6日、女二人旅でタイにも慣れてきたころ。。。

 私がトイレに行っている間に友人がMBKの前で一人でタバコを吸っていると、おばさん二人組で急に、

「火を貸してほしい」

 と声をかけられたそうです。
 私が戻ると、友人はすっかりいい人だと信じ込んだ様子で打ち解けていました。

 私は怪しいなと思いながらも、バス亭の位置だけ教えてもらおうと、聞くと伊勢丹前まで一緒に行くと言い、一緒に歩きました。

「いいバッグだね、どこで買ったの? いくらしたの? おとくだね。英語が上手だ。私の親戚が日本に住んでいるんだ。何歳だ? タイははじめてか? 明日の予定は? 明日一緒にランチを食べよう、すぐ近くが家なんだ。待ち合わせは何時にするか」

 としきりに待ち合わせようとしてきます。

 そのとき、道の途中で日本人の男の人が私たちに、

「ちょっといいですか。さっきから見ていたんですが危険ですよ。たぶん詐欺師です」

 と教えてくれ、その男の人にたすけられ難を逃れました。
 詐欺師たちは 日本人の男の人が近づくとすぐ その場から離れさっさとバスに乗り込んで逃げていきました。
 その男の人いわく たぶんカード詐欺だろうとのことでした。伊勢丹前やサイアムスクエア周辺は気を付けるように と忠告されましたが、どんなに注意していてもそのときはどんどん信じていくものです。

(2005.01.11)


藤井 典型的な詐欺師の超えかけパターンだ。家に連れて行こうとしているから、トランプカード詐欺と見て間違いない。

ブラ その場でショップに案内したら、宝石詐欺ってことだな。

藤井 そのとおり。これはもう、はっきりしている。

ブラ しかし、多いよなあ。多い多い。このあいだ久しぶりにバンコクに行ったけど、全然減ってないよ。

藤井 このあいだ日本大使館で取材したときに聞いたんだが、この連中、警察に逮捕されても被害者が示談にしてしまうので、罪にならずに簡単にシャバに戻っちゃうんだそう。だから、減ることはないみたい。

ブラ 捕まらないよう、金だけに狙いを絞ってるんだな。

藤井 こうなると、普通のビジネスってことになっちゃうのかな。でも、この手の人たちは、すっごい顔してるよ。まさに悪人の顔っていうか、それ以外にない顔つき。やっぱり悪いことはしたくないなと思うね、あの顔を見たら。


お近づきになったら

 さて、こうして近づいてきた悪人たちは旅行者を安心させる(あるいは舞いあがらせる)と、具体的にダマシ話を進めはじめる。それらの話も、あとで冷静に考えればけっして納得できるものではないのだが、どういうわけかみな一様に話を信じてしまう。

 彼ら悪人たちの口車に乗せられた人たちは、全員が口をそろえてこう言う。
「いま考えると、まるで魔法にかかったようだった」
 と。しかし、それは魔法でもなんでもない。ただ異国でのうまい儲け話に目がくらんでいただけのことである。


以下の展開はこちらをクリック!!

具体例@ 宝石キャッチセールスの場合

具体例A いかさまトランプ賭博の場合

詐欺師が必ずいる場所

詐欺師たちの共通点

対策と解説

具体的な詐欺師の写真

 

タイ旅行前にぜひ読みたい!

タイでの笑える旅行トラブル集を
コミック化した1冊

タイ旅行で死ぬかと思った!!
〜知らなきゃアナタもダマされる〜

全国の書店で 発売中

価格 1,000円
あおば出版

 

 

アジアの中心 ジャアク商会のホームページはこちら

記事の無断転用を禁じます



ジャアク商会への声援、激励、
新たに発見されたトラブルの報告は

ジャアク商会総本部

まで、ご連絡を

スーパーおすすめサイト